訃報

    1: ななしさんからまろめる 2018/05/22(火) 19:07:49.24 ID:CAP_USER9
    no title


    登山家の栗城史多(くりき・のぶかず)さんが2018年5月21日、エベレスト下山中に遺体で発見された。35歳だった。栗城さんの公式ブログで発表された。

    1982年、北海道生まれ。栗城さんは8度目となったエベレスト挑戦に向け、4月の日本出立から細かくブログで状況を報告。だが、5月21日10時ごろ、「栗城は体調が悪く、7400m地点から下山することになりました。今後の行動は未定で、栗城が無事に下山して状況がわかり次第、お知らせいたします」との報告がなされていた。

    低体温で息絶えた

    その後、栗城さんの公式ブログは21日午後、事務所の小林幸子氏が更新。栗城さんについて「このようなお知らせになり大変申し訳ございませんが、エベレストで下山途中の栗城が遺体となり発見されました」と死亡を伝えた。

    死の状況については「下山を始めた栗城が無線連絡に全く反応しなくなり、暗い中で下から見て栗城のヘッドランプも見当たらないことから キャンプ2近くの撮影隊が栗城のルートを登って捜索し、先ほど低体温で息絶えた栗城を発見いたしました」という。

    「生きて帰ることを誓っておりましたのに、このような結果になり大変申し訳ございません。生きて帰るため執着しないと誓っておりましたのに、最後に執着してしまったのかもしれません」と栗城さんの心情を推し量り、「皆様へのご報告が遅くなりなりましたこと、心よりお詫び申し上げます」と、ファンに謝罪。

    一方、「何m地点で発見されたかなどこれ以上の詳細が日本でわからず大変恐縮ですが、またわかり次第お知らせ申し上げます」と詳細は不明だという。最後に「これまで栗城を応援していただき、本当にありがとうございました」と感謝の思いを伝えた。

    公式サイトの経歴によれば、大学時代に山岳部で登山をはじめた。04年にマッキンリー(6194メートル)の登頂に成功すると、毎年高山に登り、8000メートル峰にも08年のマナスル(8163メートル)などに登頂。そして09年から、8848メートルのエベレストへの挑戦が始まった。13~14年を除いて毎年挑み、12年の4度目のエベレスト挑戦では、重度の凍傷で両手の指9本を切断することになったが、挑戦を続けた。15年の5度目では8150メートルまで到達した。

    あくなき挑戦を続けるその姿にはファンも多い。09年から登山のインターネット中継を行っていたほか、積極的にブログ・SNS発信を続けており、投稿のたびに多くの応援の声が集まった。サイトや著書では、「勇気」や「挑戦」の大切さを説き、感動の声が寄せられ続けた。訃報を伝えたフェイスブック投稿には、1時間あまりで1000件超のコメントが集まり、お悔やみの言葉がおくられている。アスリートの為末大さん、作家の乙武洋匡さん、ジャーナリストの堀潤さんら、著名人もツイッターで、その死を悼んだ。

    一方で、その登山方法をめぐっては議論もあった。

    「危険な挑戦」あやぶむ声も多く

    自身のウェブサイトやブログでは「単独・無酸素登山」を標榜してきたが、「単独」については登山界ではベースキャンプの先は第三者のサポートを受けずに登り切ること、という意味を持つのに対し、栗城さんの場合は自分の荷物を自分で背負うこと、との解釈がなされている。事実、冒頭のブログより先んじて訃報を出した21日の現地紙「ヒマラヤ・タイムス」では、「シェルパ(編注:ヒマラヤ登山の案内人)4人と登頂を目指していた」と帯同者の存在を伝えていた。「無酸素」の定義をめぐっても、疑問の声があったことは事実だ。

    またそのスケジュールをめぐっては、性急ではないかと議論があった。エベレストは一般的に、現地入りしてから体を順応させながら、2か月ほどかけて登頂を目指すとされる。しかし栗城さんのブログをたどると、今回の挑戦は4月18日に日本出立を伝え、5月21日に登頂予定であると発信。17年の7度目の挑戦でも、4月10日に現地入り、5月23日に登頂予定としていた。いずれも1か月程度だ。


    【【悲報】死亡した栗城史多さん一人だけど一人じゃなかった。】の続きを読む

    61f1ceaf6b7709057c1757cbebdb3d9c_s
    1: ななしさんからまろめる 2017/10/02(月) 18:54:07.61 ID:???
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171002-00000107-spnannex-ent

    がん闘病中だった漫画家のつかじ俊氏が9月25日、死去した。1日、ブログやツイッターなどで
    家族が報告。昨年4月に「
    」の連載が2話で中止になった月刊漫画雑誌
    「ヤングエース」も2日、ツイッターで発表した。

    つかじ氏のブログとツイッターで、家族一同として「平成29年9月25日に安らかに旅立ちました。
    生前、作品を愛してくださいました皆さま、また、お世話になりました先生、出版関係の皆さまには
    深く感謝申し上げます」と悲しみの報告。「さらに、闘病に関して多くの方々から応援を頂き、
    励ましの言葉を掛けてくださいましたことは、どれほど本人の心の支えになっていたか、深く深く
    感謝と共にお礼申し上げます。いつの日も、心の片隅に思い出として残していただけることを念じて、
    旅立ちの報告をさせていただきます」とつづった。

    つかじ氏は昨年3月19日付のブログで「今日、手術やそれに関する説明をされました。進行がん、
    つまり悪性でした。心のどこかで奇跡的に良性…なんて考えていたのですが、やはりそんな奇跡は
    起こりませんでした。もっと早く見つかれば良かったんですけど、やはり25歳でがんだとは医者も
    滅多に思わないそうですね」と、自身が進行性のがんを患ったことを告白。

    また、翌4月には、月刊漫画雑誌「ヤングエース」に掲載された「きょうのきゅうしょく!」の連載が
    中止になったことが、同誌5月号で発表され、連載を中止し、治療に専念することを伝えていた。
    前日1日の家族の報告を受け、同誌のツイッターも2日午後に「『きょうのきゅうしょく!』の作者・
    つかじ俊先生がお亡くなりになりました。突然の訃報で、いまだに信じられません。心よりご冥福を
    お祈りいたします」と悼んだ。

    つかじ氏は今年9月12日、自身のツイッターで「今日で27歳になりました。なんとか生きる事ができました」
    と誕生日を迎えたことをつぶやいたばかりだった。

    【【訃報】漫画家・つかじ俊さん死去。連載を2話で中止してた。これからだったというのに・・・ 】の続きを読む

    images (1)
    1: ななしさんからまろめる 2018/05/21(月) 22:50:13.30 ID:CAP_USER9
    指を9本失った登山家・栗城史多さん死去 35歳 8度目エベレスト挑戦も下山途中に
    2018年05月21日 15:14 スポニチ Sponichi Annex 芸能
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/05/21/kiji/20180521s00041000232000c.html

    栗城史多さん

    登山家の栗城史多(くりき・のぶかず)さんが21日、エベレスト登頂を目指している途中で死亡した。35歳。北海道出身。
    4月17日から8度目のエベレスト登頂に挑戦していたが、体調不良で下山途中だった。
    栗城さんの公式フェイスブックなどで所属事務所が遺体で発見されたことを発表した。

    栗城事務所の小林幸子氏が「このようなお知らせになり、大変申し訳ございませんが、エベレストで下山途中の栗城が遺体となり、発見されました」と報告。

    「下山を始めた栗城が無線連絡に全く反応しなくなり、
    暗い中で下から見て栗城のヘッドランプも見当たらないことからキャンプ2近くの撮影隊が栗城のルートを登って捜索し、
    先ほど低体温で息絶えた栗城を発見いたしました」と経緯を明かした。

    「生きて帰ることを誓っておりましたのに、このような結果になり、大変申し訳ございません。生きて帰るため執着しないと誓っておりましたのに、最後に執着してしまったのかもしれません」とし
    「皆様へのご報告が遅くなりなりましたこと、心よりお詫び申し上げます。何メートル地点で発見されたかなど、これ以上の詳細が日本で分からず大変恐縮ですが、また分かり次第お知らせ申し上げます。これまで栗城を応援していただき、本当にありがとうございました」と結んだ。

    この日午前10時、公式ブログで「(栗城中継班より)栗城は体調が悪く、7400メートル地点から下山することになりました。
    今後の行動は未定で、栗城が無事に下山して状況が分かり次第、お知らせいたします。皆様からの応援、本当にありがとうございます」と報告されていた。

    栗城さんは大学山岳部に入部してから登山を始め、6大陸の最高峰を制覇し、8000メートル峰4座を無酸素・単独登頂。2009年からは「冒険の共有」としてのインターネット生中継登山を始めた。

    12年秋に4度目の挑戦となったエベレスト西稜で両手・両足・鼻が重度の凍傷になり、手の指9本の大部分を失うも、14年7月に中国・パキスタン国境のブロードピーク(標高8047メートル)に無酸素・単独登頂。復帰を果たした。

    この日午後4時からインターネットテレビ局「AbemaTV」でエベレスト登頂の様子が生中継される予定だったが、中止になった。

    ──────────────────

    エベレストで死亡した登山家の栗城さん、ヘリで遺体搬送
    2018年5月21日 20:40 発信地:ルクラ/ネパール AFPBB News
    http://www.afpbb.com/articles/-/3175434


    【5月21日 AFP】日本人登山家の栗城史多(Nobukazu Kuriki)さんが、世界最高峰エベレスト(Mount
    Everest)登山中に亡くなっていたことが、21日に分かった。

    エベレストで収容された栗城さんの遺体は、同山周辺エリアの玄関口となっているネパールのルクラ(Lukla)にヘリコプターで搬送され、その後首都カトマンズに飛行機で運ばれる。

    栗城さんは6年前にエベレスト登頂を目指した際、凍傷で指9本を失っていた。

    登山シーズンを迎えているエレベストで今月亡くなった登山者は、栗城さんで3人目となった。(c)AFP




    【【訃報】栗城史多さん逝く。 命がけじゃなかったのに加減わからず死んだ模様w】の続きを読む

    I9sjXBk6N4
    1: ななしさんからまろめる 2018/05/17(木) 07:55:58.11 ID:z35e9g6z0
    思わずガチビンタしてもうたわ
    でも今思えばワイの教育が行き届いていなかったのが悪いわ

    【部長「きみらは幼女は何歳からイケる口かね?」ワイ「中1っすね」同僚「小5ですかね」新入社員「小1!」 】の続きを読む

    このページのトップヘ